言葉が未だ新しいテクノロジーだった頃

言葉が未だ新しいテクノロジーだった頃、言葉は選ばれた特別なひとたちのものだった。 彼らは圧倒的な速度と正確さで情報を伝達し、言葉を持たない他の群れをいとも簡単に駆逐できた。 言葉が未だ新しいテクノロジーだった頃、言葉には… 続きを読む 言葉が未だ新しいテクノロジーだった頃

手のひらの画面と壁の中のスクリーン

大きなものと小さなものには、大きさ以上の大きな違いがある。 映画は大きなスクリーンでみるべきだと、映画人なら言うのだろうけれど、ぼくはむしろ私的な小さな物語なら、スマホで見た方が感情移入がしやすいのではないかと思う。 な… 続きを読む 手のひらの画面と壁の中のスクリーン

物でなくて環境をデザインする

まずはその世界を理解し、その世界のアーキテクチャの中で存在できる物を仮定し、その物がアーキテクチャの制約を受けながらどのように行動し、物どうしが互いにどのような作用を及ぼし合うのかを考える。 世界を理解しなければデザイン… 続きを読む 物でなくて環境をデザインする

文脈によって変わる意味のデザイン

例えば初歩的なセオリーから考えれば、同じものは同じ形をしているべきで、それは同じように振る舞い、常に同じ結果を出さなければならない。 けれど同じ意味のものが、ある文脈ではとても重要だったり、また別の文脈では、無視しても構… 続きを読む 文脈によって変わる意味のデザイン