フィンテックとはなんじゃろう

まずウィキペディアによると、

フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、「finance」と「technology」を掛け合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的、あるいは破壊的な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる。

となっている。

上記のように、最初フィンテックのはなしを聞いた時は、ただテクノロジーで金融を効率的にするものだと思っていたのだけれど、それはどうやら違うらしく、経済という概念を変容させ、資本主義のパラダイムを変える可能性のあるものじゃなかろうかと今は思うようになった。

ぼくが思っている金融とは、時間を換金することだった。借りた期間(時間)がお金に換算され、時間に対してお金(利子)を払う。これが金融というか、金融業のモデルであると。

フィンテック以前の金融業には、ある程度の規模の資本が必要だった。ところがこのフィンテックのひとつであるクラウドファンディングというやつは、見知らぬ個人のお金を少額をづつ集める形での金の融通を可能にし、しかも対価は時間の換金ではなく、商品そのものだったり、それどころかよくわからない自尊心や、喜びだといったファジーな感情だったりする。

お金の価値

産業革命以前の商品自体が希少だった時代のお金という概念がどんなものだったのかは分かりようがないのだけれど、例えば戦中の物資不足や、ハイパーインフレ真っ只中の社会を観察すれば、お金というものにこれほど重きをおく現代というのは、実は異常なのかもしれない。

お金があればなんでも買えるというのはある意味では事実だとしても、そもそも買う商品がないか、もしくは商品の価値が低ければ、お金の重要性はおのずと薄れていく。

つまり物質が溢れ、モノの価値の薄れた一部の市民にとってのお金という概念は、それまでのものとはまた別のものになりつつあると考えられる。

UX と Fintech

モノの溢れた社会では、経済の主体はモノから体験へと移行するといわれ、新興の有望企業のほとんどはユーザーエクスペリエンス(UX)を、他社との差別化、アドバンテージのひとつと考え、多額の資金を投入している。

もちろんフィンテック系各社も、 UI UX には重きをおき、旧態依然のイケてない UI UX の巨大企業の商品を一般消費者向けには駆逐し初めているのだけれど、ここで言いたいのはそういうことではなくて、上記のように、フィンテックそのものが UX 産業なのだという。

ファジーな感情を売り物にしたり、夢を応援だとか、そういったよくわからないものにお金を出すのは、商品を買うということではなく、もっと観念的なモノを、まるでそうできるかのようにお金を介して交換する。もちろん実際は交換などできはしないのだけれど、それが交換されたと双方が認識した時点で、モノであれ感情であれ交換は成立するのだから、これはまさに UX 産業だなと思う。

そうして金融が個人間で行われるようになり、無形の観念的なものにお金が支払われるようになっていくことで、徐々に経済という概念も変容していく。そうしていくことで、やがてお金を主軸とした資本主義が、別のものに置き換わるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です