Matter.js に入門してみる – Matter.Render クラス

Matter.Render はレンダリングのクラス。メソッドは以下のものがある。

正確な情報は公式ドキュメント Matter.Render を参照してください。

clear レンダリングをクリア
create レンダリングを作成
setBackground 背景を設定
world Matter.World をレンダリング(シーンが変わるたびに呼び出す)

プロパティは以下。

bounds 図面ビューの協会
canvas レンダリングされる canvas 要素
context canvas の context
controller Matter.Render module への参照
element render.canvasが指定されていない場合に挿入される canvas 要素への参照
options
  • hasBounds

    レンダリング時render.boundsを使用する必要があるかどうかを指定するフラグ

  • height

    canvas の高さ

  • width

    canvas の幅

  • textures

    スプライトテクスチャのキャッシュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください