Web Audio API で遊んでみたいので簡単に使えるようライブラリ化してみた

とりあえず基本的な再生と停止、アナライズ、マイクからの入力をデータとして受け取る機能だけ実装。

データの受け取りが数行でできるので、ビジュアライズも簡単。

ソースは GitHub に置いています。

Example

var audio = new WebAudio({
url: /tw045',
loop: true,
userMedia: { audio : true }
});
var analyser = audio.get(['analyserNode']);
audio.play();
timer = setInterval(function() {
var data = new Uint8Array(analyser.frequencyBinCount);
analyser.getByteFrequencyData(data);
draw(data);
}, 33);


音源 : フリーBGM・音楽素材MusMus


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください