Matter.js に入門してみる – Matter.Body クラス

Matter.Body は剛体を操作するためのクラス。

正確な情報は公式ドキュメント Matter.Body を参照してください。

例:ボタンを押すとタイムスケールが変化します。

メソッドは以下。

applyForceフォースを適用
applyGravityAll重力を適用
create剛体を生成
nextGroupIdユニークなグループIDを取得
resetForcesAllフォースをリセット
rotate回転
setStatic剛体を動かなくする
scale拡大縮小
translateベクトルを適用
update状態を更新
updateAll全てのBodyを更新

プロパティは以下。

angle角度(ラジアン)
angularSpeed角速度
angularVelocity角速度
area面積
axes衝突検出のために使用される一意の軸ベクトル
bounds境界
density密度
forceフォース(ベクトル)
friction摩擦
frictionAir空気抵抗
groupId自身が属しているグループのID
id自身のID
inertia慣性
inverseInertia慣性逆モーメント
inverseMass逆質量
isSleepingスリープ中か
isStatic静的か
label剛体のラベル
mass質量
motion運動量
position位置 { x: 0, y: 0 }
render fillStyle 塗り lineWidth 線の太さ sprite texture スプライトのテクスチャ xScale スプライトの横軸のスケール yScale スプライトの縦軸のスケール strokeStyle 輪郭のスタイル visible 見えるか
restitution弾力性
sleepThresholdスリープのしきい値
slop-
speed速度(スカラー)
timeScaleタイムスケール
torque回転力
typeオブジェクトの型
velocity速度(ベクトル)
vertices剛体の頂点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です